21世紀の美術館建築(5) 「シンガポール国立美術館」
建築評論家 五十嵐太郎

美の十選
2019/10/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

シンガポールは未来的な建築が多いという印象だが、経済だけでなく、文化先進国をめざすルネッサンスシティ構想を掲げ、リノベーションによって新しい施設を生みだしている。例えば、修道院を改造し、ナショナルデザインセンターが2014年にオープンした。ちなみに、日本では国立のデザインミュージアムがいまだに存在しない。また1996年にはミッションスクールをシンガポール美術館に転用している。

最大の目玉は、隣接…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]