/

この記事は会員限定です

近代日本の文学者が聴いた西洋音楽 蓄音機で追体験

作家の所蔵品と同じレコード集め研究 庄司達也

[有料会員限定]

ロンドン留学中の夏目漱石はロイヤル・アルバート・ホールで開かれたソプラノのアデリーナ・パッティの公演に行くと、寺田寅彦宛ての手紙に書いた。島崎藤村はパリでドビュッシーの自作自演の演奏を聴いた。芥川龍之介は帝国ホテルで開かれたヴェルディ生誕百年を記念した演奏会に出かけた。梶井基次郎はバイオリンのミッシャ・エルマンの来日公演を京都で鑑賞、楽屋口で演奏家に握手を求めた――。

近代日本の作家がどんな音楽を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1200文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン