格安スマホとは 国内に1000社超、シェア12%
きょうのことば

2019/10/17付
保存
共有
印刷
その他

▼格安スマホ 自前の通信回線を持たず、NTTドコモなどの大手から借りて通信サービスを提供するスマートフォンのこと。仮想移動体通信事業者(MVNO)が手掛ける。大手の回線を直接借りるのが基本だが、通信のノウハウのない事業者がスマホサービスを提供したい場合などは別の格安スマホ会社からまた借りすることもある。これらを合わせると6月時点で国内に1031社ある。事業者数は増加が続いている。

大手と違って代理店の維持費や広告費などが少ない。コストの多くの部分は回線のレンタル料が占める。レンタル料が下がってきたデータ通信の利用者料金は3ギガバイトまで使えるプランが月額千円などと大手より安い。

総務省はデータ通信の回線についてはレンタル料の算定方法の見直しや会計の透明化などで引き下げを促してきたが、音声通話の回線はほぼ手つかずだった。格安スマホの契約数は2230万件で国内の携帯電話の全契約に占めるシェアは12.2%。ドイツやフランスの3~5割と比べて小さい。

【関連記事】
格安スマホで通話も安く 総務省、回線コスト半額視野
格安スマホ伸び鈍化、18年度2割増 MM総研調べ
イオンモバイル、シニア向け新料金プラン
楽天、DMMから格安スマホ買収 携帯参入に備え
5G時代、変わる格安スマホ 動画特化など個性豊かに
格安スマホ、IoTに活路 大手値下げで試練

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]