/

この記事は会員限定です

日蓮主義とはなんだったのか 大谷栄一著

「国家に迎合」との通説見直す

[有料会員限定]

近代の日蓮主義は幅広い社会層に影響を及ぼし、多くの人を惹(ひ)き付けた。中でも天皇の神聖性を無窮の存在と捉える超国家主義と強く結びついた。八紘一宇(はっこういちう)という観念を創った田中智学、満州事変の首謀者・石原莞爾、血盟団事件を主導した井上日召……。日蓮主義に基づき社会変革に取り組んだ超国家主義者をあげるときりがない。

そのため、これまでの研究では「国家に迎合した御用宗教」と非難する見方が提示...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り733文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン