ジミヘンも愛したアンプ ギターかき鳴らし収集
英「マーシャル」にこだわり博物館も 竹谷和彦

カバーストーリー
2019/10/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

英国の音響ブランド、マーシャルのアンプがほしかった。高校からバンドを組んでギターを弾いてきたが、国産では憧れのギタリスト、ジミ・ヘンドリックス(ジミヘン)の音が出せない。

1979年、19歳のとき。広島でマーシャルの2段積みアンプを見つけ、24回払いで購入に踏み切った。山口県田布施町の家に持ち帰り、急いでギターとアンプをつなげた。心臓をバクバクさせ、かき鳴らす。ズギャーン! 部屋の窓がビリビリ揺…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]