制約の高度なバランス
SmartTimes 大阪大学教授 栄藤稔氏

コラム(ビジネス)
2019/10/11付
保存
共有
印刷
その他

先日、近未来の人工知能(AI)時代に情報セキュリティーはどうあるべきか議論する会議に参加した。情報セキュリティーとは何か。思い出すのは辻井重男・元情報セキュリティ大学院大学学長の定義だ。辻井氏は情報通信社会において矛盾・対立する価値として利用の自由、公共の安全プライバシー保護に着目し、情報セキュリティーを次のように概念規定した。

1985年松下電器産業(現パナソニック)入社。国際電気通信基礎技術研究所、NTTドコモのシリコンバレー拠点長や執行役員を経て2017年7月から大阪大学教授。みらい翻訳社長を兼務。

1985年松下電器産業(現パナソニック)入社。国際電気通信基礎技術研究所、NTTドコモのシリコンバレー拠点長や執行役員を経て2017年7月から大阪大学教授。みらい翻訳社長を兼務。

AI時代の言葉に言い換えるとこうだ。AI利用の自由の拡大のみを享受しようとすれば公共の安全性は低下し、プライバシー侵害を増大する。安全性向上のみを図れば自由は妨げられ、監視強化などによりプライバシー侵害が増える。

プライバシー保護のみに気を配ればAIの自由な利用は阻害され、匿名のもとでの悪事も増えて安全性が低下する。多くの場面で自由の拡大、安全性の向上、プライバシーの保護は互いに矛盾する。このような価値対立のもとで、できる限り高いレベルへ止揚して高度均衡を目指すのが情報セキュリティーの役割だ。

話を簡単にしよう。北京市の大学が密集する海淀区(かいでんく)にAIによる横断歩道監視カメラがある。赤信号で横断歩道を渡る違反者がいると自動的に検出され、その人の姿が大きな電光掲示板にさらされる。個人の違反行為を見せしめにすることで、横断歩道はより安全になる。

近くには海淀公園というAI未来公園があり、歩道にはカメラが多数設置されている。自分の顔を登録しておけばジョギングの速度や距離を自動的にシステムが計測してくれる。プライバシーさえ心配しなければ、なんと便利なことか。

米国にジョージ・ホッツ氏という若い起業家がいる。スマートフォンやゲーム機の特権利用を非正規な手段で実現するハッカーとして有名だ。彼は2016年に自動運転車の開発会社、コンマ・ドット・エーアイを創業した。この会社、やっていることがすごい。

乗用車のハンドル、アクセル、ブレーキの信号を勝手に解読してスマホから制御する。スマホはドライブレコーダーのようにルームミラーの裏に置く。他に電子部品が必要だがスマホカメラの画像認識を使い、10万円以下で自分の車が自動運転車になる。スマホのカメラだけでは危険予知ができない死角があるだろうが、高速道路での手放し運転は楽だ。公共の安全性を気にしなければ、そこにはAI利用の自由がある。

AI利用の自由、公共の安全、プライバシー保護は同時に成立しない。企業経営者や為政者はその三点の価値対立を知った上で、何が最良かを決める作法を知らなければならない。プライバシー保護が完璧で公共の安全性が保たれ、AIの自由な拡大による利便性を謳歌するユートピアなどない。セキュリティーとは制約を高度にバランスさせることだと気づくことだ。

[日経産業新聞2019年10月11日付]

「日経産業新聞」をお手元のデバイスで!

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できるようになりました。最初の1カ月間無料でご利用いただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]