伊集院静「ミチクサ先生」(31)

伊集院静「ミチクサ先生」
2019/10/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
その他

「金之助、おまえ特進をしたそうだな」

大助が本を読んでる金之助に言った。

金之助は顔を上げてこくりとうなずいた。

「ほうそれが褒賞でもらった本か、どれ見せてみろ。箕作麟祥か、こいつは天下の秀才だ。十五歳で開成所の蕃書取調の御用掛になった。学問をする場所に行けば、日本中から秀才が集まっている」

「ガクモン?」

金之助が声を出した。

「何だ、口はちゃんときけるのか。そうだ、学問だ。人が何事かを学び、学ぶこと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]