/

この記事は会員限定です

鈴木幸一(11)2人の来客

「共に商用ネットの会社を」 自由に情報やりとり、理想に共鳴

[有料会員限定]

東京・虎ノ門に借りた小さな個人事務所で、気楽な「よろず屋」稼業を続けていた1992年の夏。暑い盛りに2人の来客があった。慶応大の助教授になって間もない村井純さんと、アスキーのソフトウエア開発部長を務めていた深瀬弘恭さんだ。

村井さんは55年生まれ、深瀬さんは51年生まれと、46年生まれの私より幾分若い。村井さんは日本の大学間通信網と米国のインターネットを結ぶ「WIDEプロジェクト」を立ちあげた人で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1149文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

鈴木幸一

インターネットイニシアティブ(IIJ)会長の鈴木幸一さんは、1992年にIIJを設立し、日本で初めて商用のネット接続サービスを実現しました。自らを「落ちこぼれ」と称する創業経営者が波瀾(はらん)万丈の人生を振り返ります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン