/

この記事は会員限定です

近未来の組織とは(創論)

フレデリック・ラルー氏/山口周氏

[有料会員限定]

従来の企業組織そのものに閉塞感や違和感の原因があると指摘し、新しい時代の方向を示そうとする考え方が出てきている。21世紀、日本でいえば令和の時代の会社や組織の形とはどんな特徴、要件を持つのだろう。米欧と日本で支持されている書籍の著者2人に、近未来の企業の姿について聞いた。

◇ ◇ ◇

目的共有、個々の判断尊重 「ティール組織」著者 フレデリック・ラルー氏

――常識を覆す組織の形を描いた著書「ティール組織」が各国で話題を呼びました。登場するのは「上下関係や肩書のない世界」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4027文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン