ポーランド・ポスター(9) ノルブリン「ポーランド ワルシャワ」
神奈川県立近代美術館普及課長 籾山昌夫

美の十選
2019/10/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ステファン・ノルブリン(1892~1952年)は、経済と文化が急発展した大戦間期ポーランドの寵児(ちょうじ)であった。1774年にチャルトリスキ家に呼ばれ、30年間ポーランドの王侯貴族の注文を受けていたフランス人画家ジャン=ピエール・ノルブラン・ド・ラ・グルデーヌの玄孫(やしゃご)であり、裕福な工場主の息子であった彼は、画家、グラフィックデザイナー、ファッションデザイナー、舞台美術家として活躍し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]