被災で離日も、日本に「帰る」決心
仕事人秘録 エッセイスト、ドラ・トーザン氏(19)

仕事人秘録
コラム(ビジネス)
2019/10/8付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 2011年3月11日。東日本大震災はそれまでの人生で最大の恐怖体験となった。

有楽町の朝日ホール(東京・千代田)で「女性の日」のイベントを取材していた時でした。突然激しい揺れを感じました。慌てて椅子の下に潜り込み身をかがめましたが、揺れはやみません。天井のライトがガシャンガシャンと激しい音を立てて揺れ続け、自分は死ぬのだと思いました。

シンポジウムの進行役だった女性が「大丈夫です。ゆっくりと避難…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]