中国の領土紛争 テイラー・フレイヴェル著 現状変更めぐり高まる懸念

読書
2019/10/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

中国は、ここ数年、南シナ海、台湾海峡、中印国境地帯、そして尖閣諸島周辺海域でほぼ同時に地域の緊張を高める行動に出ている。いずれのケースも中国人民解放軍や中国人民武装警察に所属する機関(例えば、「中国海警」)が前面に出ており、国際社会において武力による現状変更に対する懸念が強まっている。

中国は、なぜこのような行動に出ているのか。

本書は、それについて考える上での判断材料を豊富に提供してくれる。著…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]