掃除婦のための手引き書 ルシア・ベルリン著 自分を突き放したクールさ

批評
2019/10/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

表題作のタイトルにある掃除婦は、著者本人が実際に就いた職業の1つだ。原稿用紙にしてわずか35枚ほどの短編小説。本のカバーを飾る、野性味と気品が不思議に同居した美貌の人こそ、ルシア・ベルリンその人である。

だからというわけではないが、彼女が語ると掃除婦の仕事風景も妙に魅力的だ。ピアノの下に寝転がり、鼻唄を歌いながら考えごとをしたりする。床に落ちたパズルのピースを探すとき、煙草(たばこ)を吸いながら…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]