/

この記事は会員限定です

イノベーションと日本企業(下) 「破壊的」な人材生かせ

橋本正洋 東京工業大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○最新の技術理解し世界の潮流を見極めよ
○過去にこだわらず新たな「軌道」に飛躍を
○新事業では失敗を評価する発想が不可欠

1980年代に「ジャパン・アズ・ナンバーワン」といわれた日本企業は、その後地盤沈下が始まり、21世紀に入っても止まらないように見える。背景には、日本における「イノベーション(経済成長をもたらす革新活動)の衰退」があるのではないか。

一方、その80年代に米国ビジネススクールの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2583文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

マクロ経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン