/

この記事は会員限定です

験がいい6打差 勝負運や個性、ツアーは十人十色

田村尚之(3)

[有料会員限定]

4位で終えた9月の日本シニアオープン。首位の谷口徹選手と6打差4位で最終日を迎えるにあたり、取材で囲んでくれたメディアに「6打差というのは験がいいんですよ」と言い残した。

ゴルフの勝負は何が起こるかわからない。8月のファンケルクラシックも最終日6打差を追い付いてプレーオフまで持ち込んだ。実は初優勝を飾った2016年富士フイルムシニア(千葉県ザ・カントリークラブ・ジャパン)も首位のP・マークセン選手...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り547文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン