低金利の限界点(創論)
マーカス・ブルネルマイヤー氏/植田和男氏

時論・創論・複眼
2019/10/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

世界で金利が低下している。お金を借りやすくして景気を拡大しようという狙いだが、下げすぎによる副作用を懸念する声も出てきた。金利引き下げの限界点はどこにあるか、経済にもたらす負の影響は。金融政策の専門家に聞いた。

◇  ◇

■過度な利下げは逆効果 米プリンストン大教授 マーカス・ブルネルマイヤー氏

――政策金利を下げすぎると、金融緩和効果を引き締め効果が上回って逆効果になると主張しています。

「メカニ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]