春秋

春秋
2019/9/29付
保存
共有
印刷
その他

気象庁はその昔、なかなか面白い調査をやっていた。1960年代までの一時期、住民が夏服冬服にいつ着替えていつやめるか、こたつの使い始めと終わりはいつか――といったことを各地で調べる「生活季節観測」を試みていたのだ。蚊帳や火鉢も対象だったという。

▼職員が通勤時に街のサラリーマンやOL、当時の言葉だとBG(ビジネスガール)の服を眺めたり、周囲の家庭の様子を見聞きしたりして判定したそうである。2割の人が用いはじめた日を「初日」、8割の人がやめた日を「終日」とした。いま思えばアバウトな手法だが、暮らしのなかに季節感があふれていたのだろう。

▼東京での夏服の終日は、54年の記録では9月28日だったという。いまでもクールビズはあすまでという職場が多いから、衣替えの時期は往時と同じだ。とはいえ近年の秋の「暑さ」はそんな形式にまつろわず、先週も半袖短パン姿をあちこちで見た。地球温暖化は酷暑の夏を際立たせるだけでなく、涼秋を奪い去っている。

▼今週以降も高温傾向は続くらしい。このぶんではクールビズの「終日」はまだ先になりそうだし、短パンの出番だってあるかもしれない。ちなみに気象庁の「季節観測」の伝統は、ウメの開花日やツバメの初見日など生物については健在だ。データを見ると、秋を彩るイチョウの黄葉日が遅くなったのもありありとわかる。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]