/

この記事は会員限定です

日本社会のしくみ 小熊英二著

雇用慣行の歴史を読み解く

[有料会員限定]

『ジャパン アズ ナンバーワン』が読まれた1970年代末から80年代初めは「日本的経営」と「会社主義」万歳の時代だった。長期雇用・企業別組合・年功制は三種の神器とまでいわれた。日本型雇用は、「職務の平等」(同一労働同一賃金)ではなく、「社員(職員と労働者)の平等」をひろげ、「総中流意識」にもとづく社会統合と「高い勤労意欲」や「競争」への動員という経済的合理性をもたらしたからだ。

しかし、こうした万...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り703文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン