/

この記事は会員限定です

文革受難死者850人の記録 王友琴、小林一美ほか編著

悲劇の原因 庶民の声で探る

[有料会員限定]

本書の主執筆者の王友琴は1966年、北京師範大学付属実験中学校に在学中、紅衛兵運動を目の当たりにする。校長は殺害され、自身も教師である両親の出身階級が悪いという理由で、雲南省に下放された。現在米国の大学で教鞭(きょうべん)をとる彼女は、80年から計画的に資料を収集し、当時の学生や教師千人以上に話を聞いた。文革とその前後の政治運動に翻弄された庶民の声を集めた本書は貴重だ。

王は共著者の小林一美のアド...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り727文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン