/

この記事は会員限定です

再生可能エネルギーの未来(上) 系統接続の効率化が急務

松村敏弘 東京大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○再生可能エネルギー普及の課題はコスト
○EVや水素の活用で調整力を多様化せよ
○固定価格買い取りから市場連動へ移行を

2010年に策定されたエネルギー基本計画では、30年度時点で電力の50%程度を原子力で、20%を再生可能電源(再エネ)で賄う計画だった。これが11年の福島第1原発事故後に原子力比率は20%程度、再エネ比率が22~24%となった。再エネは主力電源と位置づけられたわけだが、それでも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2603文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン