/

この記事は会員限定です

奥会津・只見線、奇跡の絶景ここにあり

郷土写真家が追い続ける一瞬の美 星賢孝

[有料会員限定]

奥会津・只見線の第3只見川橋梁を見下ろしながら、私はカメラを構えていた。雨上がりの空に朝の光が斜めに差し込み、虹が架かる。どうか消えないでくれ――。3時間に1本の列車が橋梁を渡る瞬間、夢中でシャッターを切った。只見線と虹の競演。四半世紀、只見線を撮り続けている私の奇跡の一枚だ。

只見線は福島県会津若松市の会津若松駅から新潟県魚沼市の小出駅までを結ぶ鉄道路線。2011年7月の豪雨被害で一部区間が不通...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1227文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン