ラグビーの世界史 トニー・コリンズ著 資料と逸話でひもとく200年

読書
2019/9/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ラグビーのイメージといえば、ノーサイドの精神と呼ばれる分け隔てのないフレンドシップと、フェアプレーあふれるスポーツといったあたりだろうか。とはいえ、こうした性善説みたいなものがすべてではなく、200年の歴史には濁りもあった。

時あたかも、アジアで初めてとなるラグビーワールドカップ日本大会の開催を迎えて(9月20日~11月2日)、楕円球に興味を抱かれた読書好きに、画期的な「読み物」を紹介したい。そ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]