海に生きた百姓たち 渡辺尚志著 江戸期漁業・漁民の実態探る

読書
2019/9/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

江戸時代史に興味を持つ人の大半は侍、なかでも有名な侍がお好きのようだ。こうした中で著者は、社会の土台を生きた無数の百姓こそ歴史の主人公であることを、繰り返し一般の読者に説いてきた。本書では「海村」(海辺の村)を舞台に百姓たちの多様な生き方をリアルに示そうとした。

冒頭で江戸時代の村と海村の概要を説明したあと、これまでのさまざまな研究を参考に、東北・北陸、天草、瀬戸内海、隠岐、房総、琵琶湖など全国…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]