最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,492.68 +40.82
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
22,460 ±0

[PR]

主要金融ニュース

フォローする

社債とは 民間企業が発行、50年債や低格付け債も
きょうのことば

2019/9/19付
保存
共有
印刷
その他

▼社債 民間企業が発行する債券。銀行融資に比べて中長期の資金を調達しやすく、設備投資などに充てる目的で活用される。社債の主な買い手は保険会社や銀行、資産運用会社などだ。企業は発行時に決めた利息を投資家に支払い、償還期日が来れば元本を返済する。

一般に社債の発行金利は、基準となる国債利回りなどに企業の信用力を反映した一定の上乗せ金利(スプレッド)を加えて決める。格付けの高い企業ほど有利な条件で資金調達しやすい。ただし、財務状況が悪化し債務の支払いが滞る債務不履行(デフォルト)になると、元本が毀損するリスクがある。

国内の発行額は2016年から4年連続で10兆円を上回り、残高も7月末時点で約66兆円と最高水準にある。今年度に入り、償還年限が50年と国債最長の40年よりも長い社債や、格付けがダブルB格以下の低格付け債(ハイイールド債)が発行された。普通社債よりも返済順位が低い分、格付け会社が一定の比率を「資本」として認める劣後債の発行も増加し、市場の多様化が進んでいる。もっとも、米国の社債発行額は年100兆円規模と、日本の10倍に達する。

【関連記事】
社債発行、世界で急拡大 低金利背景に9月最高ペース
社債、「国債代わり」需要根強く
沸き立つ社債市場(上) 超低金利追い風
沸き立つ社債市場(下) 緩和マネー、「市場の警鐘」封殺も
日産、再び失った市場の信認 険しい再建の道
ムーディーズの格付け見直し、邦銀に波紋

主要金融ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム