がんゲノム医療の課題は(複眼) ティム・ハバード氏/間野博行氏/大瀬戸久美子氏/宮野悟氏

安藤 淳
時論・創論・複眼
2019/9/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

個人のゲノム(遺伝情報)をがんの診断・治療に生かす「がんゲノム医療」が本格的に始動した。6月から数百の遺伝子を調べる遺伝子パネル検査が公的医療保険で受けられるようになった。だが、まだ越えるべきハードルはいくつもある。先行する英国の研究者や、日本の専門家に今後の道筋を聞いた。

◇ ◇ ◇

効果検証し利用拡大 英ロンドン大キングス・カレッジ教授 ティム・ハバード氏

英国はがんや難病患者の遺伝子を解析す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]