皇居の石垣、巨石はどこから来たか?
小田原に残る江戸城築城の記憶 佐々木健策

カバーストーリー
2019/9/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

江戸城(皇居)の石垣には、ひとつひとつが大きく、規格的な石材を密に積み上げた「切り込みハギ」という手法が見られる。しかし平野が広がる江戸周辺には、これほど立派な石材を産出する山岳地帯はない。

ではどこから運んだのか。答えは伊豆半島を中心とした地域だ。伊豆や箱根の山中には、石材を切り出した「石丁場(いしちょうば)」や放棄された石材が今も残る。私がフィールドとする神奈川県小田原市にも江戸城築城のため…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]