年金財政検証 見えた課題(上) 「100年時代」適合で安心導け
玉木伸介 大妻女子大学短期大学部教授

経済教室
コラム(経済・金融)
2019/9/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○経済前提の各ケースは今後の努力の道標
○就職氷河期世代の老後の備え充実を急げ
○柔軟な制度変更が若い世代の安心高める

8月27日に公的年金保険制度(国民年金、厚生年金保険)の5年に1度の財政検証結果が公表された。財政検証とはそもそもどういうものかを整理し、今回の結果について論じたい。

公的年金保険制度の財政的な骨格は、現役世代が保険料を政府に支払うと、政府はその時点の高齢者に、その人の現役時…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]