サウジの石油生産とは 世界の12.7%、最大級の産油国
きょうのことば

2019/9/16付
保存
共有
印刷
その他

▼サウジの石油生産 サウジアラビアは世界最大級の産油国だ。英BPによると、2018年の世界の石油生産量は日量約8300万バレルで、サウジはこのうち12.7%を産出した。世界の42.1%を占める石油輸出国機構(OPEC)を主導する。OPECは原油相場を下支えするためロシアなど主要な非加盟の産油国との協調減産を進めているが、シェールオイル開発を進める米国が減産の枠外のため、価格はサウジなどの思惑通りには上がらない。

サウジはOPECに加盟する主要産油国イランと断交し、同国の核開発疑惑を非難する。サウジの同盟国、米国はイランに同国産原油の禁輸措置を軸とする制裁を科す。相場に上昇圧力がかかるため、サウジは制裁を支持する。

日本にとってサウジは最大の原油輸入先だ。18年度は輸入量全体の4割弱を調達した。5月からは米国の制裁でイラン産の輸入を停止したため、代替調達先としてサウジへの依存は深まる。14日に発表されたサウジ石油施設への攻撃について、元売り大手のコスモエネルギーホールディングスやJXTGエネルギーは情報収集を急いでいる。

【関連記事】
石油施設に無人機攻撃 サウジ生産量の半分に影響
中東緊迫、原油が急騰 ブレントは一時28年ぶり上昇率
中東緊迫、NY原油15%高 需給先行きに不透明感
楽観をつかれた原油市場 一転して綱渡りに
OPEC、サウジ供給不安でも増産慎重 価格維持狙う
サウジ原油、日本輸入の4割 LNG価格など波及懸念

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]