最低賃金上げ議論慎重に
鶴光太郎 慶大教授

経済教室
コラム(経済・金融)
2019/9/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○最賃上昇は対象を絞れば雇用に影響あり
○時給引き上げの場合も伸び率は緩やかに
○「ただ飯」は存在しないという原則に留意

2019年度の地域別最低賃金(最賃)の改定額が出そろった。全国平均では4年連続で3%上昇した結果、901円と900円の大台に乗り、東京都、神奈川県では1000円を超えた(図参照)。政府としては年率3%程度の伸び、全国で1000円を目指しており、そうした方針に沿った数字だ。ま…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]