/

この記事は会員限定です

海外ツアー 小技を磨きメジャーへ

稲森佑貴(15)

[有料会員限定]

昨年の日本オープン初優勝で5年シードを手にした。とはいえ、ゆとりは感じたくはない。1年1年が崖っぷち、「賞金シード獲得は最低ライン」と自分に言い聞かせている。今季は先週まで国内ツアー12戦で予選落ちは2回だが、トップ10入りは1回だけとあまりパッとしない。序盤戦はどこか気の緩みがあったのだろう。コースに出ると「曲がるのでは?」と変に萎縮して、イメージ通りの球筋で打つことができなかった。

それでも海...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り535文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン