/

この記事は会員限定です

仏像 美のひそむ場所(9) 妙法院「二十八部衆立像のうち迦楼羅像」

京都国立博物館連携協力室長 淺湫毅

[有料会員限定]

三十三間堂こと蓮華王院(妙法院が管理)では、昨年等身の千手観音1001体が国宝に指定された。のちに移されてきた一部の後ろがわの仏像をのぞいて、すべてが国宝ということになり、その数実に1032体である。これらは基本的に、後白河法皇が1164年(長寛2年)に発願した当初像と、1249年(建長元年)焼失後の再興像にわけられる。

ところが二十八部衆に関しては、焼失時の記録に救い出したとあることから、ちょっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り342文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン