2019年9月22日(日)

米中貿易戦争の勝者は 消費者に打撃大、米国が不利
莊太量 香港中文大学准教授

経済教室
コラム(経済・政治)
2019/9/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○米国全体の経済活動が停滞する可能性も
○トランプ氏の狙いは短期的な関税収入か
○中国経済はいずれ貿易戦争への耐性強く

トランプ米大統領が中国に第1弾の制裁関税を課すと発表してから1年余りが過ぎた。中国は今なお米国の要求に応じておらず、激化する貿易戦争の行方は次第に米経済とトランプ氏にとって重大な意味を持つようになってきた。本稿では、貿易戦争の成り行きが米経済に及ぼす影響とともに、トランプ氏の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。