仏像 美のひそむ場所(5) 平等寺「薬師如来立像」
京都国立博物館連携協力室長 淺湫毅

美の十選
2019/9/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

この像を安置する寺は平等寺という正式な呼び名よりも、因幡堂あるいは因幡薬師といったほうがわかりやすいだろう。ここが因幡堂と呼ばれるようになるのは、次のふたつの奇跡による。

まず最初の奇跡は、因幡の国を訪れた橘行平が役目を終え、京にもどろうとしたところ病を得てもどれずにいた。あるとき夢に高僧があらわれ、海に霊木があることを告げる。はたして海にいくと波間に光るものがあり、引き揚げてみると薬師如来であ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]