美人画から戦意高揚へ 客船絵はがきの近現代史
明治~昭和期の世相・風俗映す 笠原喜保

カバーストーリー
2019/9/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本郵船は明治期に海外航路を切り開いた海運会社だ。貨客船運営のノウハウを記した1942年の「社船調度品由来抄」に、こんな記載がある。「絵はがきは(中略)社船宣伝用としてはメニュー用紙以上に有効に利用せらるゝものなり。従つて社船にては絵はがきに相当注意を払ひ来り」

戦前、船をPRするため貨客船の乗客に絵はがきを配っていた。これに大きな価値を認め、工夫していたという内容だ。

戦前の絵はがきにどんな工…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]