マイゴルフ

フォローする

パッティング ボールの中心を打ち抜く
稲森佑貴(13)

2019/8/29付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

パッティングではプロ入り前からクロスハンドで握っている。アマの試合中、順手で入らないのに業を煮やし「変えちゃおう」と。クロスでも入らなかったけど、順手よりはましだ。右手はあまり使わず、左手で始動するほうが安定すると思う。肩と肘、手の五角形で構え、肩でストロークするよう心がけている。

パットに型なし。十人十色だから、握りやすいグリップで握ればいい。僕が気をつけているのはパターのフェース面が返らない…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ゴルフのコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

マイゴルフ 一覧

フォローする
体から離れていこうとするクラブとの引っ張り合いがスイング

 グリップはあまり強く握りすぎないように、というのはよく言われること。とはいっても大事なショットでは思わず力が入るのも致し方ない気もするし、何よりもどのぐらいの力が強すぎなのか、手の大きさも握力も人そ …続き (11/15)

フェースが球をにらみ続けるようにクラブを引く

 子どものころ父と一緒にラウンドしたかったけれど、父は球が曲がると周囲に迷惑をかけるからと連れて行ってくれない。子ども心にゴルフを単純に考えてみた。球を真っすぐ打つにはどうすればよいか。インパクトでク …続き (11/8)

両腕とグリップでつくる三角形は二等辺ではない

 まずはアドレスの構えから。ゴルフは正面を向いて構えた自分の真横にボールを飛ばす。もしもグリップを左右の両手をおがむように合わせて同じ高さで握るなら、両肩と両腕でできる体の前の三角形はグリップを頂点と …続き (11/1)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]