/

この記事は会員限定です

パッティング ボールの中心を打ち抜く

稲森佑貴(13)

[有料会員限定]

パッティングではプロ入り前からクロスハンドで握っている。アマの試合中、順手で入らないのに業を煮やし「変えちゃおう」と。クロスでも入らなかったけど、順手よりはましだ。右手はあまり使わず、左手で始動するほうが安定すると思う。肩と肘、手の五角形で構え、肩でストロークするよう心がけている。

パットに型なし。十人十色だから、握りやすいグリップで握ればいい。僕が気をつけているのはパターのフェース面が返らないよ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り543文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン