マイゴルフ

フォローする

パッティング ボールの中心を打ち抜く
稲森佑貴(13)

2019/8/29付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

パッティングではプロ入り前からクロスハンドで握っている。アマの試合中、順手で入らないのに業を煮やし「変えちゃおう」と。クロスでも入らなかったけど、順手よりはましだ。右手はあまり使わず、左手で始動するほうが安定すると思う。肩と肘、手の五角形で構え、肩でストロークするよう心がけている。

パットに型なし。十人十色だから、握りやすいグリップで握ればいい。僕が気をつけているのはパターのフェース面が返らない…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ゴルフのコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

マイゴルフ 一覧

フォローする
来月の国内初戦に向けて闘志を燃やす=西本政明撮影

 1月の米ツアー、ソニーオープンで2年連続予選通過、まずは順調に滑り出した。ハワイから移動し大会前日の朝に到着したSMBCシンガポールオープンは11位に。3月のアジアツアー、マレーシアオープンでは最終 …続き (8/14)

1年でも長くシードを守りたい

 本来なら東京五輪で日本全体が大盛り上がりだったはずの約2週間が過ぎようとしている。1984年ロサンゼルス五輪の体操種目別、鉄棒で10点満点を出した森末慎二さんと長崎のテレビ番組でご一緒させていただい …続き (8/7)

距離計測器を使っての練習ラウンド

 宮里藍さんの活躍に触発された両親はずっと私をプロゴルファーにしたいと思っていたようだ。これは同年代の選手がみんな、そうだろう。そんな周囲のプレッシャーにさらされながらプロになった“同級生”たちを、だ …続き (7/31)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]