/

この記事は会員限定です

凶行から見えるものは(複眼)

片田珠美氏/吉岡忍氏/小宮信夫氏

[有料会員限定]

7月中旬、人気アニメの制作で知られる京都アニメーションのスタジオ(京都市)が放火され、35人が死亡した。容疑者の動機の解明はこれからだが、こうした無差別な殺傷事件は過去にも繰り返されてきた。日本の社会に問題はないのか。専門家に聞いた。

◇ ◇ ◇

孤立・喪失感 和らげる 精神科医 片田珠美氏

アニメーションや小説、映画などの優れた作品は、受け手が「まるで自分の感情が描かれているようだ」と錯覚するほど、人々が日常生活で感じていることを見事に表現し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4028文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン