/

この記事は会員限定です

冷え込む日韓関係(上) 経済への波及、韓国に危機感

木村幹 神戸大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○韓国人には生活に直結する「今」こそ大事
○日本の輸出管理厳格化で韓国世論は硬化
○歴史認識巡る韓国側対応への不満伝えよ

8月15日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は毎年恒例の光復節の演説を行った。日本では終戦記念日に当たる同日は、韓国にとっては1945年の日本による植民地支配の終わり、その3年後の48年8月15日の大韓民国政府樹立の二重の記念日だ。また植民地支配の終わりと同時に始まった朝...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2633文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン