/

巧妙な偽レビュー広がる 検知ソフト開発、個人が対抗

先読みウェブワールド (山田剛良氏)

NIKKEI MJ

日用品からデジタルガジェットまでそろう電子商取引(EC)サイトのアマゾン・ドット・コムに、しばらく前から異変が起きている。業者が自作自演で自社の商品の評価を高める「偽レビュー」のまん延だ。

類似の商品が並ぶECサイトでは、他者の評価が購入の決め手になりやすい。逆手にとるのが偽レビュー。業者が書き手を雇い、自社製品に対し「★5」の高評価をつけたレビューを大量に投稿させ、消費者を購入に誘導する。

「ちゃんと商売している販売業者から激励された。社会問題なんだと実感した」と話すのは、フリーのITエンジニア、スタジオゴロリンさん(ハンドル名)。アマゾンの偽レビューを判定するアンドロイドアプリ「レビュー探偵」を個人で6月に開発した。

東証1部上場の企業で働くITエンジニアのユウさんも7月、ウェブサービス「サクラチェッカー」(https://sakura-checker.jp/)を公開した。「感謝の言葉をたくさんもらった。みんな困ってたんだなと思った」という。

使い方は似ている。レビューを確かめたいアマゾンの商品のURLをコピペするだけ。独自の視点で文章や傾向を解析し、商品の評価の信ぴょう性を5段階などで示す。

「レビュー募集。反映後に全額返金します。興味ある方は連絡下さい」。iPhoneケースや日用品など様々な商品の画像ともに、こんな文言を表示するフェイスブックやLINEの非公開グループがある。偽レビューの書き手のスカウトだ。

仕組みはこうだ。書き手はまず、業者指定の商品をアマゾンから買う。★5の絶賛レビューを投稿すると、業者から購入代金が返金される。書き手の多くは商品を開封せずにフリマアプリで半額などで販売し、利益を得る。「アマゾン無料商品仕入れ」で検索すると、偽レビューでもうけるノウハウを説明したブログが多数見つかる。

かつては自動翻訳を使ったような不自然な文章が多かったが、今や書き手の大半が日本人のため偽レビューが判別しにくくなっている。「それでも偽レビューの文言には独特の癖がある」とユウさん。偽レビューの書き手募集グループに潜入し、業者が喜ぶレビューの特徴も調べている。

サクラチェッカーではレビューの文言に加え、投稿の傾向や価格設定など6項目に分けて信ぴょう度を判断する。機械学習も使って精度を上げているという。

偽レビューの問題にはアマゾンも気づいており、「スタッフによる調査と自動化した技術を組み合わせ、24時間365日体制で不正レビューをブロック並びに削除するなど、不正行為には確固たる措置を講じている」(広報)とする。だが残念ながら現状では業者のほうが一枚上手だ。

アマゾンの立場が難しいのは、裏での返金を除けば取引は正常に見えること。商品は発送され、必ずしも品質が悪いわけでもない。「疑わしきは罰せず」という立ち位置では偽レビューを完全に排除するのは難しい。

ユウさんは「個人のサービスなら疑わしきを疑わしいと言える。そこに存在意義がある」と話す。ゴロリンさんも「ツールが不要になる日まで改良を続ける」と意気軒高だ。

[日経MJ2019年8月26日付]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経MJをPC・スマホで! まずは1カ月無料体験

消費と流通の未来を先取りする、最先端の情報を発信。「日経MJビューアー」ならスマホ・タブレット・PCで読めます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は、まずは1カ月無料体験。

詳細はこちらから

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン