/

この記事は会員限定です

銃弾とアヘン 廖亦武著

天安門事件「暴徒」らのその後

[有料会員限定]

本書は天安門事件において当局から「六四暴徒」と認定された著者、廖亦武(老威)が、同じく「暴徒」とされた人々に対して多様な方法で行ったインタビューと観察の記録であり、また廖自身の独白録でもある。内容は事件の回想から、牢獄(ろうごく)での生活、そして社会復帰してからのトラウマを抱えた私生活、さらに事件後の中国社会批判などに及ぶ。本書の第一の魅力は、著者の聞き取り能力と表現力、そして時には刺激的で赤裸...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り714文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン