米中貿易摩擦の論点(下) 打開へ多国間課題に格上げ
ジェームズ・スタインバーグ シラキュース大学教授

経済教室
コラム(経済・政治)
2019/8/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○中国の国際的な約束守る本気度疑われる
○知財侵害深刻でも技術協力の禁止避けよ
○日本はWTOやG20での取り組み主導を

米中両国が協調から対立の時代に入りつつあると多くの人が恐れている。関係悪化の理由は島しょの領有権や台湾を巡る緊張、貿易戦争、人権問題など数多くある。とりわけ根が深く重大な問題は、中国による外国の知的財産の窃盗だ。米国、日本をはじめとする技術先進国に深刻な経済的打撃を与えるの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]