/

この記事は会員限定です

七つの殺人に関する簡潔な記録 マーロン・ジェイムズ著

ジャマイカ巡る一大叙事詩

[有料会員限定]

1492年にコロンブスがサン・サルバドル島に到達して以来、カリブ海の島々は世界の文明と民族が交錯する場所であり続けている。奴隷貿易を含むその複雑な歴史は、様々な文学作品にも影を落としている。例えばシャーロット・ブロンテの『ジェイン・エア』に登場する、屋根裏に幽閉された狂女バーサは、ジャマイカの大農園主の娘とされている。

本作は、そのジャマイカの20世紀後半を主要な舞台とする一大叙事詩である。700...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り704文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン