マイゴルフ

フォローする

アプローチ 力抜いてヘッド利かせる
稲森佑貴(11)

2019/8/15付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

プロ入り当初はアプローチが大の苦手。グリーンを外したら、てんでカップに寄らなかった。僕はサンドウエッジはフルショットで100ヤード飛ばしたかったので56度を使っていたが、スピンを利かせるのがちょっと難しい。考えた結果、58度に替えることでスピンを利かせ、不安なく寄せられるようになった。

アプローチでは基本的に58度と50度を使う。ピッチエンドランのイメージを出しやすく、ボールの落としどころを決め…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ゴルフのコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

マイゴルフ 一覧

フォローする
7月の全英オープンでは自分らしいゴルフで予選を突破した

 昨年の日本オープン初優勝で5年シードを手にした。とはいえ、ゆとりは感じたくはない。1年1年が崖っぷち、「賞金シード獲得は最低ライン」と自分に言い聞かせている。今季は先週まで国内ツアー12戦で予選落ち …続き (9/13)

体の右に壁をつくって、ボールをつかまえやすくする

 大会前の練習ラウンドは、じっくり練習したいので一人で回ることが多い。時間が合えば、同じ九州の時松隆光選手と一緒に回ったりもする。

 まずティーショットを打っていい方向、ダメな方向をチェックする。グリー …続き (9/6)

パターのフェース面が返らないように気をつけている

 パッティングではプロ入り前からクロスハンドで握っている。アマの試合中、順手で入らないのに業を煮やし「変えちゃおう」と。クロスでも入らなかったけど、順手よりはましだ。右手はあまり使わず、左手で始動する …続き (8/30)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]