最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,416.76 +113.44
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,400 +60

[PR]

投資番付

フォローする

運用損益プラスの顧客割合 直販販売する独立系 上位
投信番付

2019/8/15付
保存
共有
印刷
その他

投資信託を販売する金融機関が公表した「共通KPI(成果指標)」について3月末時点で運用損益がプラスの顧客割合が高い順にランキングしたところ、上位には投信を直接販売する独立系の運用会社が目立った。

対象はQUICK資産運用研究所が各社ホームページで確認できた181社。上位10社は顧客の8割以上が含み益だった。

首位はセゾン投信で、97.8%の顧客は利益が出ている。「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」と「セゾン資産形成の達人ファンド」の2本を直接販売し、長期での積み立て投資を推奨している。

共通KPIの公表は、販売会社の顧客本位の取り組み状況を比較できるように「見える化」するのが狙い。全売却された投信が集計対象外になることや集計期間の違いなどは留意点だ。

公表は今回が2回目で、蓄積した分を時系列で見ていく必要がある。データが見つけやすいよう工夫しているかも販売会社選びの参考になりそうだ。

(QUICK資産運用研究所 西田玲子)

投資番付をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム