春秋

2019/8/15付
保存
共有
印刷
その他

汗、汗、汗。1967年8月公開の映画「日本のいちばん長い日」は、終戦の玉音放送にいたる軍部や政治家の動きを、むんむんする暑さと噴き出す汗の描写で見せきった作品だ。「玉音盤」奪取を試みる陸軍将校の軍服に染みる汗が、運命の日を強く印象づけている。

▼終戦の年の夏は暑かった。というイメージの定着には、この映画も一役買っているかもしれない。しかし実際には、この年は北日本では冷夏だった。玉音放送が流れた8月15日、東京の最高気温こそ32.3度を記録したが東北や北海道は平年より涼しく、コメの作況も悪かったという。戦禍に冷害が追い打ちをかけていた。

▼終戦の決断がもう少し遅れたら、9月以降に来襲した枕崎台風や阿久根台風の被害も相まって多くの餓死者が出たのでは――と気象予報士の饒村曜さんがブログで指摘している。本当に際どい局面でこの国は救われたのである。負けることによって、米国からの食糧援助を受けて人々は生き延びた。そして戦後は始まった。

▼それもこれも、いまは遠い記憶だ。健忘症が高じて、軽口で戦争を云々(うんぬん)する国会議員まで出てくる始末である。思えば、旧作「長い日」は岡本喜八監督はじめスタッフも俳優も戦中派ぞろいだった。あの汗には暑さの汗である以上の熱がこもっていたのだろう。近年のリメーク版も佳作だが、登場人物は妙に涼やかである。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]