/

Vチューバーで副業スナックママ? 労働の常識破壊へ

先読みウェブワールド (野呂エイシロウ氏)

NIKKEI MJ

小学生のなりたい職業ランキングの上位にユーチューバーが入って久しい。そんな中、渋谷でVチューバーに遭遇した。Vチューバーとは、CGなどでできているキャラクターが動いたり、しゃべったり、動いたりするもので、始まりは2011年のAmi Yamamotoさんだとされる。英ロンドン在住の日本人という設定だ。そして一気に広がったのは、16年に登場したキズナアイさんである。英語、韓国語の字幕もつき、瞬く間に世界でブレイクしたのは記憶に新しい。

今回、私が遭遇したのは三田紀房さん原作の漫画「ドラゴン桜」の主人公、桜木建二のVチューバーである。スライド投影なので若干大きいが、上半身の桜木さんが私にも話しかけてくれた。このVチューバー桜木建二を更に盛り上げるプロデューサーを副業・兼業で公募するプロジェクトが企画されている。副業でVチューバーのプロデューサーとは実にユニークだ。「コンテンツ企画から効果検証まで行えるデジタル領域に強い人材が必要です」とビズリーチ社長室の加瀬沢良年・特命プロデューサーは語る。

実は、SNSやVチューバーなどのデジタル領域に強いプロフェッショナル人材は非常に少ないという。「桜木を助けてほしいというのが正直なところ」とドラゴン桜の生みの親の編集者、佐渡島庸平さんはイベントで語っていた。どうやら従来の出版の成功とは違うらしい。既に多数の応募や問い合わせが来ているというから、Vチューバーの裏方も人気が出そうだ。

この分野の技術革新は進みさらにハードルを下げている。バルス(東京・千代田)はカメラの前に立つだけで簡単にVチューバーになれる新サービス「どこでもVチューバー」を始めた。これまではCGのアバターを動かす複雑なセンサーなどを全身に取り付けていたが、カメラの前に立つだけでいいという。さらに身近にするために、お酒大好きVチューバー、風宮まつりがママを務めるバーチャルスナックが銀座で24日にオープンするという。「例えば、家庭で子供を寝かしつけた後に3時間だけバーチャルで接客業をするなど、誰もがどこででも働ける時代が来る」とバルスの林範和社長は語る。

どちらのプロジェクトも共通点は「副業」。クリエーターが副業でVチューバーを支えたり、普通の人が、副業でVチューバー上のアバターに変身して働く時代が来ている。発展途中のVチューバーだが、そのうち、筆者のアバターが、会議に行ったり、テレビ番組に出たりといろいろな活躍の場が生まれるような気がしてきた。

[日経MJ2019年8月12日付]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経MJをPC・スマホで! まずは1カ月無料体験

消費と流通の未来を先取りする、最先端の情報を発信。「日経MJビューアー」ならスマホ・タブレット・PCで読めます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は、まずは1カ月無料体験。

詳細はこちらから

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン