桃源の水脈 芳賀徹著 東洋の理想郷が生む創造性

読書
2019/8/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

私が愛して止(や)まない文人画家である池大雅も与謝蕪村も岡田米山人も、素晴らしい武陵桃源図を描き遺(のこ)した。これらについて考えたり、書いたり、しゃべったりする時、必ず開いたのが、芳賀徹氏の武陵桃源に関する論考だった。氏が論文「桃源郷の詩的空間」を東大比較文学会の紀要に発表したのは1977年、以後40年以上にわたる研究を集大成したのが本書だ。ライフワークと称(たた)えられるべき成果であるが、今…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]