/

この記事は会員限定です

官僚制の劣化を考える(下) 政党政治の劣化こそ問題

野口雅弘 成蹊大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○ウェーバー的な官僚制モデルの再評価を
○長期政権の政治主導が官僚の合理性阻害
○野党への積極的な格差是正措置の検討も

政府の公文書改ざんや統計不正が発覚し、「忖度(そんたく)」という言葉が流行(はや)るなど、官僚制の「劣化」という表現を使いたくなるような不祥事が続いている。

しかし「劣化」が以前に比べて性能や質が下がることであるとすれば、それを測定するためのモノサシを、まずは確認しておかなけれ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2575文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン