/

この記事は会員限定です

記憶の空間(8) 「斐伊川築地松」

東京大学教授 羽藤英二

[有料会員限定]

風景の中で生きる人々とともに、時にヤマタノオロチにたとえられる出雲地方の斐伊川(ひいかわ)の多くの支流は、古来、氾濫を繰り返してきた。暴れ川が作り出した肥沃な出雲平野で生きるためには、災害と向き合わざるを得ない。何を住民は考えたか? 低湿地を避けるように、自然堤防の微高地を巧みに読み込み、自らの意思で氾濫に備えたのではないか。

平野の土地は軟弱であったから、地盤を支えるために、スダジイなどの広葉樹...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り308文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン