2019年8月18日(日)

優遇対象国とは 旧「ホワイト国」→「グループA」に
きょうのことば

日韓対立
経済
政治
朝鮮半島
2019/8/3付
保存
共有
印刷
その他

▼優遇対象国 日本政府は、安全保障上の信頼関係がある国を輸出管理で優遇する「ホワイト国」として、米国やフランス、ドイツなど27カ国を指定してきた。優遇国でも国際的に決められた「リスト規制」の品目は輸出許可が必要だが、それ以外は許可が不要になる。

経済産業省は2日からホワイト国と非ホワイト国の通称を「グループA~D」の4段階に細分化した。グループAが優遇対象国で、グループB以下では安全保障上の重要性に応じ個別許可が必要な品目数が変わる。輸出管理の国際枠組みに参加するなど要件を満たせば包括許可を取りやすくなる。

韓国は2004年から優遇対象国だったが、今回の輸出管理の厳格化により、28日に優遇対象国から外れる。除外理由について経産省は、政府間の対話が一定期間ないことや輸出管理の体制が脆弱とみられる点を挙げる。

【関連記事】
韓国の「優遇対象国」除外を閣議決定 輸出管理厳格化
韓国への措置「禁輸ではない」 経産相の会見要旨
優遇除外、日韓の亀裂深まる 日本「WTO違反ない」

韓国大統領「経済報復に断固たる措置」
韓国、優遇対象「日本外す」 WTO提訴も準備
韓国、100品目で脱日本依存目標に 支援に6800億円
南北協力で日本に対抗 韓国大統領

「優遇対象国」ってなに? 除外されるとどうなる?
対韓輸出管理強化 「不適切」の立証責任は日本に

韓国、日本製品の不買運動拡大 7月の日本車輸入17%減
日韓対立、14年ぶりによみがえった「外交戦争」
日韓、「安全弁」経済に亀裂 揺らぐ相互依存
半導体供給網に再び試練 韓国「輸出優遇」除外

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。